古今 著 聞 集。 古今著聞集: 高校古文こういう話

古今著聞集|国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

集 古今 著 聞

上人他人に語ることなく、數日をへてまた彼所へ向ひて、其生兒の母にこの瑞想 〔想、恐當作相〕を語り侍けるにとなん。 其後ほどなく御減 〔減、一本作驗。

15

古今著聞集:巻1 _Taiju's Notebook

集 古今 著 聞

返報云、只可 レ任 レ意者。 福天神とて其 社當時 (*現在)もおはしますめり。 此後經 二一兩月 一可 レ習 二大食調 一歟如何。

2

『古今著聞集』巻第十七より、「奥島に来た鬼」

集 古今 著 聞

[二四三] いづれの比の事にか、大宮右大臣 【俊家】 (*藤原俊家。

17

古今著聞集|国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

集 古今 著 聞

さらばよび申さんはいかにといへば、悦たるけしきにてうなづきけり。 世間の樂にも似ず不可思儀に目出たかりければ、上人あやしみて庵室をいでゝ樂の聲につきてゆきければ、博雅の生るゝところにいたりにけり。 その伏息のほど笛を元正にゆづる。

7

古今著聞集とは

集 古今 著 聞

たゞ聞たがる人を悦び 〔び、原作に。 その北の方(かた)は、はなやかなる人なりけるが、五節(ごせち)を見侍(はべ)りけるに、とりどりに、はなやかなる人々のあるをみるにつけても、まづわがおとこのわろさ心うくおぼえけり。 されども猶下臈也。

19

古今著聞集:巻6 _Taiju's Notebook

集 古今 著 聞

〕窟雨師、傳 レ名 太末倍留靈祠 奈利。 )・良圓 (*藤原實資男。

20

古今著聞集 [やたがらすナビ]

集 古今 著 聞

本郷恵子『物語の舞台を歩く12 古今著聞集』山川出版社、2010年7月 関連項目 [ ]• 粟酒や食べ物を与えると、飲み食いすること、馬のようであった。 優(いう)なる北の方の心なるべし。

養老孝子伝説(古今著聞集

集 古今 著 聞

ポケプロ和西 0• まめやかに面白げに思ひて、打かたぶき 〴〵聞けり。

11

古今著聞集|国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

集 古今 著 聞

)とめしければ、畏と申 〔と申、據一本補。

13